スキンケアをしている女性

美容や健康を意識して日々取り組んでいる方は増えていますし、美肌のためのケアをしている方は増えています。美肌といえばシミがない透明感でハリのある肌ですが、そのために美白ケアを行う事も大事です。

節々が痛くなったり、腰痛や肩こりや内臓系など身体だけではなくお肌も老化現象が起こります。お肌の老化現象にはシワやシミ、毛穴の開きによるたるみなどが挙げられますが、これらの多くは乾燥が原因となっています。30代後半頃からコラーゲンの生成が減少してきますが、このコラーゲンは肌細胞をつなぎとめる役割がありますので、保水力の低下が起こったりバリア機能の低下も同時におこる事で様々な肌トラブルが生じるのです。

シミのない肌は美魔女の定義でもありますし、一度出来てしまうとなかなか除去するのは難しいです。今美白ケアもスキンケアで注目されていますし、毎日使う化粧品選びから始めていくのもオススメです。

その前にシミが出来る原因やメカニズムを知っておくことで、その対処も確実に行う事が出来ますので知識として得ておくと良いでしょう。シミの天敵は何と言っても紫外線です。この有害な紫外線を浴びることで、お肌のメラノサイトではメラニンという物質が分泌されて防御反応が起こります。

通常このメラニンはターンオーバーと言われるお肌の新陳代謝によって、新しい皮膚に生まれ変わる際に排出されていくわけですが、年齢とともにこのターンオーバーの働きもにぶくなっていきますので、メラニンは蓄積されて濃くなり色素沈着を起こします。

ターンオーバーの周期の乱れ、そして保水力を失った乾燥肌ですと紫外線のダメージもさらに受けやすくなりますので、メラニンはどんどん濃くなります。美白ケアを心がけている方の中には、美白化粧品を使ってケアを行っている方もいるでしょう。美白化粧品に含まれているアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体と言った成分はメラニンの生成を抑えてくれる働きがあるので、シミを予防する効果が期待出来ます。

同様に紫外線をカットすることが出来る日焼け止めを使ったり、化粧品の中にはSPF表示されている物も多く、それらを使うことで紫外線カットは出来ます。しかし美白化粧品にしても日焼け止めにしても予防ということになりますので、一度出来てしまった物に関しては薄くしたり消したりと言ったことは困難です。

出来てしまったシミを消したいという場合には、根本的な処置が必要となります。消したいと思った時にまず1番手軽な方法としては、ドラッグストアなどで売られているシミ用のクリームなどを塗る事から始められますが、市販薬ですと実はそこまで高い効果は望めません。

そこでより効果が高い物をお探しでしたら、美容皮膚科などで処方してもらう事が出来るハイドロキノンです。ハイドロキノンは漂白効果のあるクリームで、美白化粧品に含まれている成分よりも強力です。使い続けていく事でどんどん薄くなり、最終的には目立たなくなるところまでケアをすることが出来ます。

ハイドロキノンのクリームを使った治療では、トレチノインという酸でターンオーバーを促しながら進められていくのが定番です。この治療法は美容皮膚科の多くで行われていますし、痛みも無く自宅で簡単にで出来るので人気です。

速効性という点に関しては、其の他のレーザーやフラッシュといった治療よりも期間がかかりますが、数か月で薄くなっていきますのでファンデーションを厚塗りしたり、コンシーラーを使っても隠せないと悩んでいる方ははじめてみると良いでしょう。

美容皮膚科の中には取扱いをしていないところもありますし、個人輸入で手に入れられることもあります。