• ホーム
  • 美しいまつ毛をつくるまつ毛育毛剤のルミガンについて

美しいまつ毛をつくるまつ毛育毛剤のルミガンについて

2020年02月11日

美人の定義でもある、ぱっちりとした目にするためには、二重整形をしたりメイクにこだわったり、特にまつ毛を長くふさふさにするということが挙げられます。まつ毛一つで見た目の印象は大きく変わってきますし、そのためにビューラーをしたりマスカラをすること、マツエクをしたりつけまつ毛をすると言った方法もあります。

しかし、どれもまつ毛には負担がかかります。ビューラーを根元まで当てれば、ひっぱられてしまいますしゴムの交換を怠っていれば毛が切れてしまう事も有るでしょう。マスカラの重ね付もあまりよくありませんし、クレンジングの際にはウォータープルーフでもするっと落とせるオイルタイプであればあまりこすらずに落とせます。力を入れてこすってしまいますと脱毛してしまう可能性も高まります。

マツエクやつけまに関しても、グルー剤を付けていくわけですがもちろん負担がかかりますし、定期的にサロンに通うマツエクは費用の面でもかなりコスパが悪いと言えます。サロンに行けば1時間ぐらいは普通にかかりますし、時間が無い女性にとってはデメリットも大きいです。

そこで自分のまつ毛を美しく伸ばすためには、まつ育が大事です。ドラッグストアでもまつげ用の美容液が販売されていたりしますが、この美容液にはビマトプロストという成分は配合されていませんし、そこまで強力な効果は有りません。

より効果的にまつ育をしたいのであれば、ビマトプロストが配合されている医薬品を使うことです。ビマトプロストが配合されているルミガンなどは、元はと言えば緑内障や高眼圧症などの治療で使われていました。しかし、その患者さんの多くにまつ毛が伸びるという違った効果が見られたため、今では睫毛貧毛症の方にも処方されたり、美容皮膚科などでも購入できるようになりました。

ルミガンは使用方法にも注意が必要ですし、点眼薬ではありますがまつ毛を伸ばす目的で使う場合には、生え際の所にアプリケーターを使って塗布していきます。その際瞼についてしまった場合には、ふきとらないとメラニン色素が分泌されて色素沈着が起こってしまう可能性がありますので要注意です。目に入る事で充血をしたり、痒みなどが生じることもありますのでもしそうなった場合には使用を一度中止しましょう。

自まつ毛をふさふさに、そして長く出来ると話題のルミガンですが基本的には処方薬ですし、ドラッグストアなどでは市販されていません。しかし個人輸入という方法を使えば入手することが出来ます。個人輸入というと、難しい行程をふまなければならないのかなと想像する方もいるかもしれませんが、実際にはみなさんが普段行っている通販と同じような流れで購入出来ますので安心です。

個人輸入による通販で使用する際には、自己責任でと言うことになりますし、副作用などは事前に確認してから使用するようにしましょう。もちろん偽物をつかまないように、信頼されているサイトを利用することも大事です。